太陽光発電ならお任せ!

小さな疑問からお得情報までご案内

これからのエネルギー対策

日本は、今、環境問題と、2011年3月11日の大地震後の原発問題を抱え、これからのエネルギー対策が重要となっています。
電化製品産出国の日本にとって、素晴らしい電化製品を造り出す反面、それを使う為には、電力が必ず必要となります。
その電力を生産する方法の一つに太陽光発電があります。
nullこれはソーラー発電とも言われ、太陽光を太陽電池を用いて、直接、電力に代える発電方法で、太陽エネルギーの利用方法の一つです。
人工衛星にも使われている他、身近なものでは、腕時計、電卓、懐中電灯などの持ち運びできる日用品への使用もあります。
日本における太陽光発電システムメーカー・太陽電池生産企業は数社あり、最近では、国内一戸建て住宅や集合住宅への導入もされています。
住宅に使用される太陽光発電は、建物の屋根や壁に設置するため、土地を必要としないことで余り負担が無いことが利点です。
発電量は、日照に比例するため、昼間の発電し、夜間には発電しないシステムです。
更に、天候に左右されるため、東北、北海道などの冬に降雪量の多い地域では、年間を通して、発電力のばらつきが起こる事があります。
北海道でも特に降雪量の多い都市である札幌市も、太陽光発電を推進するために力を入れて取り組んでいます。
昼間は太陽光発電を利用し、夜間や発電力の少ない時は電力会社からの電力といった併用をする事が可能なので、心配なく生活ができ、更に、昼間の発電で余った電力を電力会社へ売る事もできるため、電力会社への助けともなります。
太陽光発電設置については、国・地方自治体からの設置補助金制度があります。
この補助制度は、住宅用太陽光発電システム導入支援補助金として、太陽光発電システムを設置する市町村・場所、設置規模、発電容量に合わせて金額が設定されていて、札幌市でも補助金システムを導入しています。
このように、各家庭個人のエネルギー意識が今後の日本のエネルギー対策に繋がる
現状です。