太陽光発電ならお任せ!

小さな疑問からお得情報までご案内

次世代を担う発電方法

北海道の日射量は3.95です。
参考までに日本の中で日射量が最も多いのは高知県で4.32です。
最も低い県で3.56です。
そのことを踏まえると日射量は多いほうであると言えるでしょう。
すなわち太陽光発電に適している土地でもあるのです。
街を歩いていれば分かることですが、太陽光パネルを屋根に設置している家庭は多いです。
エコについて深く考えているのです。
そのため太陽光発電試験場が設置されています。
場所は苫小牧(陸側)、苫小牧(海側)です。
2013年2月に別の土地へ移設されることが決まりましたが、帯広にも設置されています。
ただ気温が低いことや雪が積もるという特徴のある土地でもあります。
広大な土地があるのも特徴です。
そんな特徴を生かさないともったないでしょう。
ここでは数ある太陽光パネルのメーカーがパネルを並べています。
雪国での発電について研究を積み重ねているのです。
次世代を担う発電方法として、期待がされていると言えるでしょう。