太陽光発電ならお任せ!

小さな疑問からお得情報までご案内

札幌市は太陽光発電に向いている!

札幌市で太陽光発電を導入している家はあまり見かけません。
雪かきの大変さから一軒家が少なく、マンションが多いのが原因の一つかもしれません。
また、イメージ的に札幌市のように寒くて、雪の多い地域では太陽光発電など無理なのではないかと考えている人が多いようにも感じます。
しかし、確かに雪の日は発電効率は悪くなりますが、年間を通しての発電量に関して言えば、札幌市は決して発動能力が劣る地域というわけではありません。
暑い地域と寒い地域で比較すると、寒い地域のほうが発電効率が良くなります。
夏と冬では冬のほうが発電量が増えます。
というのは、太陽光発電は熱に弱いからです。
真夏の炎天下では太陽光モジュールの表面は70度近くにもなります。
そうなると、せっかく発電しても、どんどん放電してしまうのです。
ではベストな表面温度は何度かと言うと、25度くらいと言われています。
札幌市は炎天下の日が少ないので、太陽光発電には向いていると言えるわけですね。