太陽光発電ならお任せ!

小さな疑問からお得情報までご案内

北海道でも太陽光発電を!

先日お友達がいる香川県に観光がてら遊びに行ったのですが
太陽光パネルの多さにとてもびっくりしました。
本当に多いのです。
北海道と比べ物にならないくらいでした。
きっと瀬戸内の穏やかで太陽がいっぱいの気候が
香川県の人々の太陽光発電への意識を高めているのでしょうね。
香川県だけではなく、多分周辺の県もこの分ならきっと太陽光パネルを屋根に乗せていいるお家が多いでしょう。
では何故北海道は太陽光発電に消極的なのでしょうか。
正直都市部でも太陽光発電用のパネルを取り付けているお宅が少ないですよね。
たまに大きな企業のビルに取り付けてあるくらい…。
多分その理由は長い冬に関係があるかと思われます。
冬はたくさんの雪が積もるし、日照時間も日本の各地より少ない。
こうして少し理由をあげただけでも、本州などに比べて太陽光発電に不利な気がしますよね。
しかし太陽光発電には、北海道にも意外と適しているのです。
まずは太陽光パネルの取り付けのしかた。
その地域に合わせた取り付けの仕方があります。
冬場の雪の量、日照時間に合わせて、取り付ける場所や取り付ける角度など、
企業の方は太陽光パネルが一番力を発揮できるように取り付けてくれます。
場合によっては壁に取り付けたりもできるそうですよ。
一度取り付けるとメンテナンスはほぼありません。
鳥のフンなどで汚れたり、パネルに枯葉が多く乗っかってしまった場合は取り除く必要があります。
そして太陽光発電自体のメリット。
太陽光パネルを取り付けることで、電気会社から電気を買い取ることが減ります。
夏場など日照時間が長い時期などは、ほぼ自宅の太陽光パネルで作られた電気だけで過ごせるかもしれません。
地域によっては太陽光パネルで発電した電気を
逆に電機会社が買い取ってくれることもあるそうです。
このことを考えると、太陽光パネルの設置にかかった資金分は数年で回収することができるのです。
しかも設置の時には設置資金を国や市が一部負担してくれる制度もあります。
そしてエコへの意識も高まります。
一度太陽光パネルを設置すると、自宅で発電するのが基本となってきます。
電力が足りないと電気会社から電気を買い取ることになります。
そうなるとなるべく自分の家で発電した電気を大事に使いたくなりますよね。
それによって、こまめに照明を消したり、使わないコンセントは抜いたり…
地球にとっても優しい行動が自然に増えていきます。
そして災害時にも大きな役目を果たしてくれます。
地震や天災などで停電になってしまったとき、
もし自宅に太陽光パネルを設置していたら自宅の電気は自宅で発電した電気でまかなうことができます。
北海道は太陽光発電には向いていないと思われがちですが
本州には北海道にない梅雨の時期があるのでそのことを考慮すると
北海道も本州も、発電力に関してはあまり違いはなく思われます。
太陽光パネルを取り付けることによって
家庭のお財布にも優しく、地球にも優しく過ごしてみてはいかがですか?