太陽光発電ならお任せ!

小さな疑問からお得情報までご案内

北海道で太陽光発電を設置する場合は

太陽光発電を付けようと思っているものの、北海道のように豪雪地域の場合はためらってしまう方も多いかも知れません。
太陽光発電というのは太陽光パネルが太陽光を受けて発電するシステムになっています。
ですのでパネルの上に雪が積もってしまいますと発電できなくなってしまうのです。
しかし雪が積もっても発電させる工夫があります。
まずは雪が積もっても落ちやすいようにする工夫です。
これは傾斜を工夫する事によって滑り落ちやすくなり雪の人でも発電できます。
太陽光パネルには光沢がありますが、実はガラス素材でできているからなのです。
ガラス素材は滑らかですのでより抵抗無く落ちます。
しかしさらに豪雪地帯となりますとなかなか落ちません。
この場合には融解装置などを付けることがあります。
これはう雪を溶かす装置なのです。
これによって雪が積もるのを防ぐことができます。
さらにスプリンクラーなどを設置する場合もあり、これでも雪の対策をすることができますので、結果的には豪雪地帯でも安心して設置できるのです。
ただ、一つ注意しなければいけないことがあります。
もしも太陽光発電を電気代の節約のためだけに使う予定なのでしたら、このような融解装置やスプリンクラーなどを設置するのにどれだけの金額がかかるのかを想定することです。
あまりにも高いようでは計画をまた立て直さなければいけません。
節約するつもりが逆に高くなってしまうこともあるからです。
ちなみに雪の日でも太陽が少しでもあれば日中は発電してくれます。
ただ真夏に比べますとその量は少なくなってしまいますが、冬場でも電気代の節約ができるのでいいかも知れません。
北海道の冬はかなり寒いですので暖房は決して無くてはならないものです。
しかしその暖房代も太陽光発電によってかなり節約できますので助かること間違いありません。
北海道でも利用している方はかなり多くいらっしゃいます。
梅雨の季節でも北海道には梅雨がないので他の地方とは違って発電しますし、その点は非常にいいかも知れません。