太陽光発電ならお任せ!

小さな疑問からお得情報までご案内

導入するとき留意する北海道の独自性というと

日本の国土としては最北端に位置するのが北海道でして、太陽光発電システムを設置する場合には北海道の機構がもつ独自性を考えておく必要があります。
それは、冬がかなり長いために雪が積もったままになることが多いという独自性です。
太陽光発電システムは発電用パネルを屋根に設置して発電することが主体になっていますから、冬の晴れ間に発電するときには融雪機能をつけておかないと発電がしづらくなってしまうのです。
null北海道の冬は気温が低くて晴れ間が除くというときが多いので、雪がいつまでも積もっていて太陽光だけではなかなか融けきらないといわれます。
ですから、北海道独特の冬の雪に対応するため、太陽光発電システムにはあらかじめ融雪機能のある装置を装備しておくことが重要になってくるのです。
雪のすさまじさは北海道では毎年の恒例行事のようになっていますので、寒冷地仕様の中でもかなり融雪機能に力を入れたタイプが、標準品として販売されています。